数学の授業研究会がありました!

本日、南教育事務所から指導主事の先生にお越しいただいて、1年B組で数学の研究授業がありました。授業の先生は、齋藤先生と数学の教育専門監でもある赤川先生です。
本校では、生徒の個人差への対応やきめ細かい指導のために、数学や英語でT・T(ティーム・ティーチング)指導を行っています。要するに、1クラスに複数の先生が入っての授業です。この日の授業でも、主に齋藤先生が授業を進める中で、数学の教育専門監である赤川先生が、困っている生徒に寄り添って個別指導している姿が見られました。

今日の勉強は、「碁石で正多角形を作っていくときの碁石の数を求める」問題です。
IMG_2584.JPG

はじめは自分でよーく考えて、問題解決の方法を考えます。(本校では「ONEタイム」の時間と呼んでいます)
IMG_2585.JPG

次に自分の考えを発表してもらいます。
IMG_1310.JPG

次にみんなで自分の考えを友達に教えたり、友達の考えを聞いたりしながら、考えを深めていきます。(本校では「ONEチーム」の時間と呼んでいます)
IMG_2592.JPG
IMG_1645.JPG

分からないときは、赤川先生がヒントを与えてくれるので安心ですよね。
IMG_1658.JPG

友達の考えも参考にしながら、自分の考えを堂々と発表できました。
IMG_1334.JPG
IMG_1330.JPG
まとめはこんな感じです。
IMG_2597.JPG

最後に今日の学習がどれくらい定着したかを見る「評価問題」を行った後に、授業の振り返りをして授業が終わりました。

秋田県では、今回の授業のようなTT指導や学級を少人数に分けての指導ができるように、加配(通常よりも多くの先生を配置する)を教科指導だけではなく、生徒指導でも行っており、幸いなことに本校では両方の配置をいただいています。

今回ご指導いただいたことを、今後の加配教員の効果的な活用に生かしていきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント